生活

日頃から紙とペンとで文字や文章を書いていないと、ある日全然書けなくなる

毎日何かしらをノートに書いているとか、学校の授業でノートに書かなければならないと言う段階の人はまだ大丈夫ですが、社会人になって日々何か文章などを作成する時はほぼパソコンしか使わなくなっている人に注意して欲しい話です。

いつも日記をつけていて、その日記帳が紙の日記帳だと言うのならまだ良いのですが、ネット上のブログで日記を書いている場合の入力の方法はスマホやパソコンからなので、自分で文字を書く事が無くなっていると思うのです。

実は人は、読み書きの読みはある程度記憶が持続しますが、書きの部分は手癖によるものが大きいので、しばらくの間文字を書いていないと脳では覚えている気になっていても手が忘れてしまう事があるのです。

特に、パソコン上などでは変換すればパっと出てくる漢字でも、いざ紙に書こうとすると全然思い出せなくなっていたりするので要注意です。

もうこれからの時代、紙に何か文章を書く事は少ないだろうと思っていると、何かしらのタイミングで文章を紙に書かなければならない状況に立たされることもあるので、十分注意して欲しいですね。

確かにパソコンの操作で文章を作成出来るスキルも大事ですが、それ以前に基本的に紙に文章を書く力も残しておかないと将来的に困るかも知れないので、毎日少しずつでもリハビリしてみてください。