生活

紙の本はかさばるし持ち歩くのも面倒と言う人は増えているけど利点もある

世の中に電子書籍と言う概念が登場してからと言うモノ、紙の本の出版冊数が激減してしまいましたね。

かつては1日で100万冊もの本が流通していた時代もあったのですが、今や多くても30万冊程度になっているそうです。

電子書籍が世に浸透して行った背景にあるのが、紙の本をたくさん買うとそれだけ場所を取ってしまうと言う点に尽きると思います。

特にたくさん本を読む人はたくさん本を買う事になるので、いつしか部屋の面積のうちの何分の一かが本に占拠されて行ったりするのです。

また、何種類かの話を持ち歩くだけでバッグの容量を取ってしまうと言う悩みを、電子書籍を読む端末一つにする事が出来る様になったのが、かなり革命的だった気がします。

色んな不便な状況を打破する事が出来る媒体として電子書籍が救世主になったのは確かですが、ただ紙の本の方が良い利点もあるのです。

まず、作者の人のサイン会などで本をサイン本にしてもらう事が出来ますし、読み終わった本を誰かに貸してあげることが出来ます。

古本屋に売ってしまう事も出来るので、紙の本の方が買った後に別の行動に移すことが出来るのです。

また、本棚にズラリと並んでいる光景を見るだけでも楽しかったりするので、これは電子書籍では味わえない感慨深さだと思いますね。

と言う感じで、電子書籍にも紙の本にも両方にそれぞれの利点があると思うので、どちらかお好みの利点を選ぶと良いでしょう。